PS support 株式会社ピー・エス・サポート|PS support 株式会社ピー・エス・サポート|リンク集|コミュニティ・ビジネス、ソーシャルベンチャー

PSサポートは、企業・病院のコンサルティングをはじめとして、ソーシャルビジネス・コミュニティビジネス・サステナブルビジネス・NPOに対するマネジメント支援に実績のある経営コンサルティングファームです。

イベント参加申し込み

Eメールでのお問い合わせ

コミュニティ・ビジネス、ソーシャルベンチャー

 ここで挙げさせていただいた仲間は、主にソーシャルビジネス、コミュニティビジネス、社会起業家といった分野で繋がりを持たせていただいています。情報交換に留まらず、互いの理念の重なる領域で、さまざまな協力や連携・協働関係を持たせていただいている事業も多数いらっしゃいます。

**********************************************************************

■ ソーシャルビジネス・コミュニティビジネスを営む仲間たち


防災のための地域づくり―特定非営利活動法人 NPO愛知ネット
防災NPOが、なぜまちづくり活動や市民教育、ボランティア支援をしているのでしょうか?
近年頻発する大地震。厳しい環境ながらいち早く立ち直っていく地域の多くは、そこに住む人々のつながり―コミュニティのしっかりした地域が多いそうです。「いざ」という瞬間を乗り越えるためには、普段から地域のつながりが豊かである必要がある―。そう考え、「防災」という枠組みを超えて積極的に地域の市民・行政・企業と関わるなかで、セクターを越えた「志」の和をつくり続けているNPOです。

名古屋で活動する環境NPO―特定非営利活動法人中部リサイクル運動市民の会
1980年10月、使い捨て社会や環境破壊への危機感から、「できるところから始めよう」と有志が集まってスタートさせたのが「中部リサイクル運動市民の会」です。
地域に暮らす一人ひとりが主体的に関わり、循環型社会を実現させていく「地域循環型市民社会」を目指して、「地域リサイクルシステムづくり」「参加型の環境まちづくり」「企業とのパートナーシップ」「人づくり・環境教育」「エコ商品の開発・普及」「他団体とのネットワーク」「NPOの支援・インキュベート」の7つの柱を基本に、幅広い活動を行っています。創立当時から、行政からの独立性を保つために、「食える市民活動」を目指されたことも、大きな特徴のひとつといえるのではないでしょうか。

環境CBで二次創業―株式会社鶴田商会 Eco?Branch
創業来55年の電熱線・ステンレス線の加工商社の社長夫妻は、長く競争しあい、奪い合い、弱い立場にいる企業や人の苦しみが強い企業の利益を支えている今の世の中の仕組みに疑問を感じられていました。そんな中、同じ志をもつ人々の繋がりから100%自然のものでつくられる「松の力」と出会われたのが、「Eco-Branch」創業のきっかけです。志と仕事を一致させるために始まったEco―Branchという活動も、コミュニティビジネスのあり方のひとつではないでしょうか。

善循環型社会を目指す―株式会社リバイブ
コミュニティビジネスというと、NPOや市民団体が主体となっているというイメージがあるような気がします。そうお考えの方でも、この企業をよく知っていただければ、必ずしもそうではないということが分かっていただけるかもしれません。リバイブは、“旧来型”のビジネス分野で分けると解体工事・産業廃棄物処理業者ですが、彼ら自身が本気で目指し、行っているもので彼らの事業を現すならば、「地域環境再生事業」そのものではないでしょうか。善循環社会というリバイブのキーワードから生まれた「環境共生システムの提案・販売」「環境共生型コミュニティの創出」「リバイブ食農プロジェクト」など、地域の未来を見据えた事業の今後の展開が期待されます。


畑と台所をつなぐ ―株式会社にんじん
株式会社にんじんは、1986年、使い捨て社会や環境破壊への危機感から「できるところから始めよう」とスタートした「中部リサイクル運動市民の会」(現在、環境NPO)を母体に誕生しました。創設以来、「畑と台所をつなぐ」をモットーに、安全でおいしい食品や環境にやさしい商品の提供を通じて、エコロジーなライフスタイルを提案しています。食べものの環境を守り、日本の農業(や生産者)を支え、家族の健康を守ることにつながります。食べものの安全と品質の確立は、環境問題と表裏一体です。株式会社にんじんは、食生活の見直し支援になる情報や商品の良さを、宅配や弁当事業を通じて伝えています。


■ ソーシャルビジネス・コミュニティビジネス・社会企業家を支援する仲間たち


東海3県の持続可能な地域をつくる事業のためのNPOバンク ―コミュニティ・ユース・バンクmomo
コミュニティ・ユース・バンクmomoは東海地方初のNPOバンクとして誕生しました。みなさんからの出資金を、NPO/NGOなど社会問題を解決する事業を行う個人・団体へ融資をしていきます。これからこの地域で暮らす若者たちの「子や孫がこのまちでずっと暮らしていけるように」という想いがこめられています。
 momoの正会員、つまり出資してくださる人、融資を受ける人、ボランティアで活動を支えるmomoレンジャーなど、momoに関わるすべての人が、ともに考え活動していく中で、持続可能で豊かな地域づくりを目指しています。


ひととして働くことの支援に情熱を燃やす―キャリアコンサルタント 関谷剛一さん
※ コンサルファームメンバープロフィールにて紹介。

どこまでも無欲なコンサルタント―鈴木直也さん (ニュー・プロフィット・パーソン)
※ 弊社メンバープロフィールにて紹介。