PS support 株式会社ピー・エス・サポート|コンサルティング・メニュー|研修・講座

PSサポートは、企業・病院のコンサルティングをはじめとして、ソーシャルビジネス・コミュニティビジネス・サステナブルビジネス・NPOに対するマネジメント支援に実績のある経営コンサルティングファームです。

イベント参加申し込み

Eメールでのお問い合わせ

コンサルティング・メニュー

研修・講座

自立・自律した組織、人生を応援します

【研修】
自立連帯型組織、自律進化型組織の構築を目指して、参加型ワークショップ形式による『教えない教育』をモットーに「学ぶ場づくり」を重視した教育研修及びその企画を行っています。

【講座】
コミュニティビジネス、ソーシャルビジネス、NPOの起業家を対象にした講座を企画運営しています。また、社会のイノベーションを促す『支援家』のための講座も企画運営しています。

社員の働き方を根本から見直したいなら―
働くサプリ研修

社会に役立つ支援力を身に着けたいなら―
伴走支援<プロセスマネージャー>養成研修
SROI測定サポーター養成講座

里山に移住して稼ぎを作りたいなら―
ミライの職業訓練l校
6次産業化起業塾

人生(事業)のビジョンを明らかにしたいなら―
未来デザイン研修

無限にある情報を自分で整理し、問題解決する方法を身に着けたいなら―
IST(情報生産技術)研修

経営者としてのスキルを確かめたいなら―
社長ゲーム

ミライの職業訓練校

対象者

*田舎への移住を検討している若者・家族
*田舎に移住して、ナリワイを模索している人
*田舎で暮らすために手に職をつけたい人
*既存の学校で学ぶことには飽き足らない若者

実施期間

8日間(約6ヶ月)

目的

 「愛の本質は、何かのために『働く』こと、何かのために『育てる』こと」(E.フロム)を修練し、山里で生きるために必要な技を、仲間とともに学び、チャレンジし、切磋琢磨しながら生きる『糧』を身につける学びの場です。
ミライの職業訓練校は、『山里への移住を支援すること』『受講者のつながりの中で、新しい働き方を作っていこう』の2つを目的として、「決められた働き方に自分を合わせる」のが当たり前―そんな社会に一石を投じる学び場として、『やりたいことだけやって暮らす、やるべきことだけやって暮らす、働くことが愛になる暮らし』をモットーに実施しています。

内容

■基礎コース(ワーク5日間/3ヶ月)
山里に移住した先輩たちの暮らし「住み開き」を通して学び、生き方、働き方、子育てを見て、体験して、お互いの考えをシェアしながら、それぞれのナリワイのあり方を考えます
■実践コース(インターン /3ヶ月)
基礎コース終了後、自分が大切にしたい生き方を実践するために必要なナリワイを、各専門コースに分かれて、仲間とともに師匠を呼んで学び、生きる糧を身につけます。
■ミライの職業訓練校が輩出するナリワイの例
●「里山型農林業」
●「里山型エネルギー開発」
●「里山型フードコーディネーター」
●「里山型ものづくり」
●「里山型コンサルタント」
●「里山型クリエイター」など

コメント


働くサプリ研修

対象者

*社員の働き方を根本から見直したい企業
*組織における関係の質を高めたい企業
*ポジティブ・アプローチで組織開発したい企業
*ビジョンに向けた物語をつくりたい企業

実施期間

6日間(3ヶ月)

目的

 上からの指示待ちで、自ら考えようとしない組織体質に陥っていませんか? 結果に拘るあまり、人間関係がギクシャクしていませんか? 働く意欲が湧いてこない硬直した組織から脱するための組織開発研修です。
 アドラー心理学をベースにした「自分を知るプログラム」と、マサチューセッツ工科大学 ダニエル・キム教授の研究「組織の成功循環モデル」を参考にしたポジティブ・アプローチにより「関係の質を高めるプログラム」が特長の研修です。

内容

1日目 【個別インタビュー】
*個人の生い立ちについて、専門家が一定の視点でインタビューすることにより、社員自らが人生を振り返り、自分を再認識するきっかけとします。
・どんな子供でしたか?
・どんな学びがありましたか?
・これまでの最高の体験は?
・何を大切にしていますか?
・今のモヤモヤは? など、、。

2日目 【自分史の共有】
*案外知られていなかったスタッフそれぞれの自分史。同年代のチームで、同僚がどんな人生を歩んできたかを共有するワークで、自分を知り、仲間を知ります。
・個別インタビューで聞き出した社員の生い立ちを「自分史シート」に専門家が整理する。
・「自分史シート」をもとに、?それぞれの生い立ち、?これまでの最高の体験、?今のモヤモヤな気持ちを発表し共有する。

3日目 【ライフプラン】
*自分史を踏み台に、私の夢シートとライフプランシートを使って自分や家族の将来を見通すことで、どんな人生のシナリオが描けるのか、課題は何かをつかみます。
・自分の夢を描く
・本人が死ぬまでの人生を年齢ごとに描く
・家族の将来を想定する。
・仕事、お金、学び、家、目標、夢をミライの年表に表わす。

4日目 【働き方のライフプラン】
*問題解決手法のステップに従い、自分の未来の働き方をデザインします。
 自分の人生理念を整理した後、理念を取り巻くプラスの現状を明らかにします。
・働き方の理念設定…理念シート作成
・働き方の現状把握…現状シート作成

5日目 【シナリオプランニング】
*各自が策定した「働き方の未来デザイン」をベースに、ビジョン(最上域の未来)に至るプロセスをシナリオ化して物語を創作し、チームでポジティブな未来を描きます。
・ビジョンをありありと描く
・ビジョンに至るシナリオをつくる
・場面を設定する
・キャスティングする。
・物語(起承転結)をつくる。

6日目 【成果報告会】
*研修の中で創作した物語を発表すると同時に、研修で得た学びや成果を共有します。
全スタッフの物語をお互いに聞くことで、組織の未来の物語を創造します。
・5年後をスタッフの寸劇で表現する。
・5年後をマンガにして発表する。
・5年後を動画で編集して表現する。

コメント

個人的な歴史を互いに知ることは、「関係の質」の向上につながります。その結果、本質的な対話が発生し「思考の質」が高まります。その結果、チャレンジ精神を持ってお互いに助け合う「行動の質」が高まります。その結果、ようやく売上や業績が上がる「結果の質」の向上に至ることがわかる研修です。

伴走支援者<プロセスマネージャー>養成研修

対象者

・企業人、行政職員でスキルを活かして地域貢献活動をしたい方(プロボノ)
・事業支援を職業としたい方
・ビジネスセクターで活躍している専門家の方
・NPO職員 など

実施期間

3時間

目的

 社会の課題を解決するために立ち上がった社会起業家や社会的企業。これから市場を開拓する途上にあるこれらの事業には、十分な経営資源が整っていません。不足する機能や資源をサポートするために、社会起業家や社会的企業に寄り添って伴走支援したり、専門スキルを提供する人材が求められています。

 事業者に寄り添って、寄ってたかって支援するプロセスを形成する役割を担うのが伴走支援者、すなわちプロセスマネージャーです。志や事業構想力はあるが、経営資源に乏しいサスビズ事業者を支援するには、多様な協力者が欠かせません。これらの人材を、事業者の立場に立ってタイムリーかつ有効にコーディネートする存在がプロセスマネージャーです。

内容

*ほっておけない地域の課題
*支援とは、どんなことをすることなのか?
*事業者に寄り添う伴走支援という方法
*プロセスマネージャーの役割
*プロセスマネジャーを経験するメリット
*プロセスマネージャーのミッション
*プロセスマネージャーが担う業務とは?
*プロセスマネージャーに欠かせない道具

コメント

伴奏支援者「プロセスマネージャー」養成研修のテキストを作りました。A5版16ページの小冊子です。ご入用の方は、村田元夫のfacebookにメッセージを入れてください。無料で進呈します。

6次産業化起業塾

対象者

*農産物の加工販売を考える農家の方
*地域の農産物で特産品づくりをめざす方
*農産物の加工販売を考える女性グループの方
*生産者組合等、農業者グループの方
*若手農業者グループの方
*集落ごとで農産物加工販売を考えるグループの方
*農家レストランをめざす方  など

実施期間

6日間

目的

 農林水産物をはじめとした豊富な「地域資源」を活用し、どうしたら所得向上や農業生産の拡大につなげられるのか? 魅力的な商品づくりや高付加価値化のポイントなどを学びます!
「六次産業化」事業の認定を受けて、国の支援を上手に活用するノウハウがいっぱい詰まっています。

内容

1日目 【6次産業化の基本を学ぶ】
*6次産業化とは?
*さまざまな事例紹介→成功ポイント
*商品化の基本的考え方
*支援制度の(簡単な)紹介 など

2日目 【顧客(消費者)の視点から考える“魅力的な商品”とは?】
*ケーススタディ─売れる商品とは?
*商品の魅力の源泉とは?
*顧客(消費者)は何を求めているのか?
*市場環境、市場動向
*農山村資源の魅力を商品に落とし込む発想法・着眼点とは?

3日目 【商品の魅力を顧客に伝えるには?〜顧客と出会う、関係をつくる】
*顧客の興味関心を引くには?
*商品の強み・魅力・価値をどうやって伝えるか?表現するか?[商品コンセプトづくり・デザイン・広報]
*広報・集客の基本的考え方と実際的手法
*リピーターになってもらうには?[顧客との息の長い関係づくりの秘訣]

4日目 【付加価値を高める加工方法とは?〜商品づくりの実際】
・素材の強みを生かし、付加価値を高める加工方法にはどんなやり方があるのか?
・様々な事例紹介→成功のポイント
・大学、研究機関との連携
・廃棄部分の活用による商品化の可能性など

5日目 【事業計画づくり(基本編)】
*商品化の基本的な考え方のおさらい
*ターゲット(顧客)に応じた価格設定の考え方
*これまで学んだことを総合して、事業計画に落とし込む
*事業計画の基本項目について(背景・目的・商品・価格・ビジネスモデル・顧客像・ニーズ・市場動向など)考え方と記入の仕方

6日目 【事業計画づくり(実践編)】
*国の支援制度の活用について
*組織体制について
*資金調達の方法
*数値計画(収支計画、資金計画)
*実現に向けての行動計画

コメント

SROI測定サポーター養成講座

対象者

*金融機関の関心層(プロボノプロジェクトの関係者)
*NPOの経営者/スタッフ
*コンサルタント
*行政のソーシャル関連部署の担当者

実施期間

1日間(5時間)

目的

 SROI(社会的投資効率)を図り、事業評価をすることで、ソーシャルな活動の社会的価値を見える化するプロジェクトに関わっていただくサポーターを養成します。「SROI測定サポーター」には、地域の金融機関が取り組むプロボノプロジェクト(コミュニティ・ユース・バンクmomo主催)の運営支援をはじめ、公的機関の助成金やCSR(企業の社会的責任)投資の効果測定を担う役割が期待されています。

内容

1.SROIの基礎知識
2.SROI測定の実践事例と活用方法
3.SROIのケーススタディー
4.参加者によるフリーディスカッション
5.SROIを使って社会的価値を見える化する

コメント

ソーシャルビジネス、NPO、CSR企業に社会的投資を集めるためにロジックモデルの考え方をベースにしたSROI(社会的投資効率)による事業評価に着目しています。以下のような実績を着実につくっています。
「社会的価値の見える化プログラム」
「ママインターン事業のSROI測定研修」
「日本財団ブログ〜ソーシャルイノベーション探訪〜」
「NPO法人あっとわん〜働き方改革ママインターン事業〜」


未来デザイン研修

対象者
起業家、経営幹部、あらゆる分野のイノベーター

実施期間

2日間

目的

事業(人生)のビジョンが見えますか?

 社会が大きく変わろうとしている現代に必要なのは、新たな時代へ向けて自社(又は自分)の揺るぎないビジョンを明確にし、今ある情報や経験・ノウハウ等の資源を整理することで、自らの想いをエネルギーに変えて突き進むことです。本研修は、最新の問題解決学を応用したのものです。夢のある未来像をデザインするために、その実現に向けての計画作りをお手伝いします。

内容

【フェイズ1】理念設定
* 何のために事業(人生)をするのかという根本目的を明らかにします。

【フェイズ2】現状把握
* 理念に照らし合わせて、現状をピックアップし、その意味と全体像を把握します。

【フェイズ3】未来予測
* 社会の動向を踏まえた上で、前フェイズのプラス要因に着目して未来を予測します。

【フェイズ4】未来デザイン
* コンセプト創り
  前フェイズのデータからキーワードをピックアップし、それらを統合した「コンセプト」を生産します。
* グランドデザイン
  コンセプトに基づいてドメインの設計を行います。

【フェイズ6】方法立案
* 課題設定
  手の打ち所、工夫ポイントを確定します。
* 方法設定
  大局的な方向性を定めます。
* 方策立案
  方針を実現するための具体策を考えます。

【フェイズ7】計画編成
* 方針ごとに具体策を時系列上に表現し、実行計画表を作成します。

コメント

こんな方に最適です。
* 会社の柱となる新規事業を企画したい。
* 納得できる自社の理念を構築したい。
* 自分自身の人生理念を構築したい。
* 人生の岐路にあたって意思決定を確かなものにしたい。
* これから将来へ向けてどんなスキルを身につけていったよいか整理しておきたい。
* 3?5年先の事業計画や人生設計をしておきたい。

IST研修 情報統合技術を使った問題解決技法

対象者

考務を仕事とする方
問題解決手法を学びたい方
情報生産技術を身につけたい方

実施期間

4日間

目的

 IST研修は、言語情報を、数値における演算に匹敵するほどの精密さで加工処理することをはじめて可能にした情報統合技術です。その応用は、知的生産の水準を劇的に高め、かつて手に負えなかった混沌を克服し、 幾多の泥沼の議論を決着し、心の偏狭を改善して極限の合意を形成する道を開きます。異文化・異思想間の相互理解の限界に挑む希望の手法です。

内容

【フェイズ1】理念設定
* 絶対性、普遍性のある究極目的・究極存在の原点を明らかにする。

【フェイズ2】案件設定
* 気になること、考えることの焦点を自己または関係者間で明らかにする。

【フェイズ3】現状把握
* 関心事の要所について客観的な事実を明らかにする。

【フェイズ4】来果探究
* 現状が何を可能とし、何を招こうとしているか冷静に描く。

【フェイズ6】予悔充足
* 変われば成り行きに支配力をもつ現在未達の事項を明らかにする。

【フェイズ7】方針設定
* ありうる大局策全般を踏まえ、基本構想を打ち出す。

【フェイズ8】方策探究
* 考えうるあらゆる具体策をまとめ、最適案を見究める。

【フェイズ9】計画立案
* 具体的活動の筋道や仕組みや分担等の最適構成を割り出し提示する。

コメント

こんな方に最適です。
* じっくり会社のすすむべき道を探りたい。
* しっかりした論拠をもって研究課題を解決したい。
* 人生の岐路にあたって意思決定を確かなものにしたい。
* 受益者の深層ニーズを見究めた新規事業を打ち出したい。
* 3〜5年先の事業計画や人生設計をしておきたい。

社長ゲーム

対象者

経営者、起業家、起業希望者

実施期間

2日間

目的

 社長業は、重要な職責にありながら免許も資格も要求されない仕事の代表のようなものです。
 自動車学校の教習用コースは実際の道路とは違うけれども、確実に実技の能力養成を助けています。「社長ゲーム」も、ゲームに過ぎないとはいえ、経営上の基本的な処し方の修練に多大の効果を持ちうるのです。
  「社長ゲーム」は、経営の原理原則に関する先端的な研究成果であるTPD(トータルプロセスデザイン)の視点で企業経営の基本骨格をシミュレートすることがき、その意味で自社を診断する新たな眼を持つことができます。
 さらには、現在の社会に実際、無免許運転に等しい経営で社員の苦しみを増やしながら、その点何の反省もない社長も多く存在することに気付かれることでしょう。
 経営環境がきびしく、また流動するこの時期こそ、究められた不動の原則に立ち返り、責任ある会社のかじ取りに、確かな対応力を持って臨みたいものです。

内容

【会社経営10期分を特製のゲーム版を使ってシュミレーション】

■「社長ゲーム」を繰り返し体験することによって、どんな手を打つことが回り回ってどのような効果をもたらすのか、大丈夫の限界はどこまでか、といった「感覚」を磨くことができます。
■自分が最も適切だと信じている対応が果たしてそうなのか、繰り返してみるとさら
なる進歩の余地が見えてくるかも知れません。
■また普段の自分とは違う経営原則で会社を動かしてみることがゲームの上では自由です。それによって、気付かずに陥っていた硬直と、多様な可能性を自己発見できることも期待されます。