PS support 株式会社ピー・エス・サポート|コンサルティング・メニュー|コンサル事例集|印刷&Web制作業(名古屋市)

PSサポートは、企業・病院のコンサルティングをはじめとして、ソーシャルビジネス・コミュニティビジネス・サステナブルビジネス・NPOに対するマネジメント支援に実績のある経営コンサルティングファームです。

イベント参加申し込み

Eメールでのお問い合わせ

コンサルティング・メニュー

印刷&Web制作業(名古屋市)

創立年 1963年(昭和38年)
資本金 1000万円
年商 2億4000万円
従業員数 24名

業務内容
デジタル情報加工技術を活用した印刷、WEB、データベース制作

コンサルタント導入のきっかけ

 構造不況業種に入る印刷業界の中で、印刷会社の下請け的な位置で外国語製版をはじめとした特殊な技術を売り物にしてきた当社も、受注価格の低価格化とともに売上が伸び悩んでいた。これまでの待ちの受注体質では、将来がないという危機感から、業務の効率化、新技術の開発、人材派遣等の多様な人材登用、新規事業の立上げなど経営革新の課題が山積みとなっていた。トップダウンだけでは、革新が進まないという社長の判断よりカンパニー制の導入などリーダー層の経営参画を促す試みを検討したことから、コンサルティングの依頼があった。

実施プログラム

★自立連帯マネジメント・プログラム★
(全6ヶ月)

1. プログラムの方針決定
2. ワークデザイン研修
3. ディレクター会議の立上げ
4. カンパニー制の導入(2部門自立化)
5. 3ヵ年の中期経営計画立案
6. 中期経営計画の発表会
7. 各種プロジェクトの発足
8. 企業理念の再構築
9. 新規事業の立上げ
10. 独自営業ルートの開発

効果

 中期経営計画に基づき、各カンパニーの粗利益額目標と実績の管理が毎月ディレクター会議の場でなされるようになった。これにより、受注の増減に対する早めの対応が習慣化された。また、カンパニー毎、案件毎の原価管理が徹底されたことにより、売上単価が低下してもカンパニー単位で利益が出せる体質へと変化してきた。受注生産体質から、当社独自の商品開発、技術開発が進んだとともに、徐々にではあるが直クライアントが増えている。現在、利益に貢献するまでには至っていないが、新規事業が複数立ち上がり、市場が縮小する業界を超えて、関連新分野へ積極的に事業を展開している。