PS support 株式会社ピー・エス・サポート|コンサルティング・メニュー|コンサル事例集|産業廃棄物処理・解体工事業(愛知県)

PSサポートは、企業・病院のコンサルティングをはじめとして、ソーシャルビジネス・コミュニティビジネス・サステナブルビジネス・NPOに対するマネジメント支援に実績のある経営コンサルティングファームです。

イベント参加申し込み

Eメールでのお問い合わせ

コンサルティング・メニュー

産業廃棄物処理・解体工事業(愛知県)

創立年 1964年
資本金 2,000万円
年商 17億円
従業員数 45名

業務内容
産業廃棄物処理業・解体工事業

コンサルタント導入のきっかけ

 約15年前より顧問コンサルタントとして関わっている。「きつい」「きけん」「きたない」いわゆる3K業種に属する同社も、社員がなかなか定着しない会社であった。一方、環境対応をはじめCSR(企業の社会的責任)の取り組みが先進的で、企業理念もしっかりしていた。そこで、社長(現会長)のビジョンを見える化し、3ヶ年の経営指針作成支援をお手伝いすることから経営コンサルティング業務が始まった。

実施プログラム

★経営指針の策定支援★
(全4ヶ月)

1. 経営者のビジョン聞き取り
2. 10年後のビジョン見える化(未来デザインと言語化)
2. 現状把握
 (財務分析、社員ヒアリング、業務分析、市場分析、競合他社分析、SWOT分析)
3. 最上域の未来予測(5年後)と成行きの未来予測(5年後)
4. ビジョンに至る要所解明
5. 経営指針の策定(3年後)
6. 部門別の経営方針の策定
7. 部門別の3ヶ年事業計画の作成
8. 組織図と採用・要員計画の策定(3ヶ年)
9. 予算計画の策定(3ヶ年)
10. 中期経営指針の発表会

効果

 3カ年の経営指針書を策定したことを皮切りに、経営会議の場を設定し、毎年、企業理念と経営ビジョンに基づいた事業計画を社員が策定する活動が定着した。その後、「職務分析」「人事評価制度策定」「賃金制度策定」を経て、各種教育研修を行っている。その結果、従業員の定着率が格段に向上し、従業員も増えたことで、安全管理やサービス品質を突出させ、顧客から指名の入る企業に成長している。
 当時の社長(現会長)は、ご子息である現社長に経営を上手にバトンタッチできた。現社長のもと、従業員ひとり一人の働き方を根本から見直す「働くサプリプロジェクト」「スクラップ&ビルドプロジェクト」を企画し、さらなる事業再生に取り組んでいる。