PS support 株式会社ピー・エス・サポート|未来図書館|未来プロジェクト|若者たちがつくったコミュニティバンク

PSサポートは、企業コンサルティングをはじめとしてソーシャルベンチャー・コミュニティビジネス・NPOに対するマネジメント支援に実績のある経営コンサルティングファームです。

イベント参加申し込み

Eメールでのお問い合わせ

未来図書館

若者たちがつくったコミュニティバンク

コミュニティ・ユース・バンク momo


コミュニティ・ユース・バンクmomoは、2005年10月、東海地方初のコミュニティバンクとして20代、30代の若者を中心に設立されました。きっかけとなったのは、2005年3月に愛知県で開かれたNPOバンク設立キックオフセミナー。「お金の流れを変えることで社会が変わり、環境問題を生み出さない社会をつくる」というプロジェクトの趣旨に賛同した若者たちが結集し、勉強会を重ね、設立準備を進め、夢の実現に向けて動きだしました。

momoという名前はミヒャエル・エンデ著『モモ』から来ているそうです。最近ようやく世間的にも広く知られるようになった「ロハス」「スローライフ」な生き方こそ、もっとも人間らしく、幸せを実感できるのではないか。自然環境を壊さず、人同士が争わない、持続可能な社会をどうしたらつくれるのか。『モモ』を読んで感動した人なら、一度は考えたことがあるはずですね。コミュニティ・ユース・バンクmomoが目指しているのも、そういう社会なのです。

私たちはふだん当り前のように、銀行や郵便局などに貯金しますが、預けたお金がどのように世の中を回っているか、案外無関心で知らない人が多いようです。自分が預けたお金はどのように世の中を回り使われているのでしょう。そのお金が「こんな社会であってほしい」夢の実現のために使われたらどんなに素敵だろうと思いませんか?

「私たちはお金の地産地消を目指しているんです。地域で生まれたお金は、その地域でがんばっている志の高いNPOや個人を応援するために生かしていける、そんな金融システムをつくりたい」とmomoの副代表理事をつとめる西井勢津子さんは語ります。今後の展開目標としては、
「momoのスタッフはボランティアなので身の丈に合った活動にはなりますが、意志のある出資金を集め、生きたお金にするため積極的に融資先を募り調査していくつもりです」。
出資申し込み書はコミュニティ・ユース・バンクmomoのHPからダウンロードできます。お問い合わせはメールでお願いします。(樋口尚子)


■問い合わせ先
名古屋市中区富士見町9-16 有信ビル2F
http://www.momobank.net
mail : info@momobank.net


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ps-support.jp/cgi-bin/mt322/mt-tb.cgi/204

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)