PS support 株式会社ピー・エス・サポート|PSサポートについて|株式会社ピーエスサポート

PSサポートは、企業・病院のコンサルティングをはじめとして、ソーシャルビジネス・コミュニティビジネス・サステナブルビジネス・NPOに対するマネジメント支援に実績のある経営コンサルティングファームです。

イベント参加申し込み

Eメールでのお問い合わせ

PSサポートについて

代表取締役 村田 元夫 (むらた もとお)

いろいろな 肩書き

◇一般社団法人CSRコミュニティ 理事
◇一般社団法人おいでん・さんそん 理事
◇公益財団法人あいちコミュニティ財団 監事
◇特定非営利活動法人中部リサイクル運動市民の会 監事
◇一般社団法人SR連携プラットフォーム 理事
◇市民エネルギー長久手 代表

所有資格
◆中小企業診断士


生年月日  1959年(昭和34年)3月13日生


出身地 東京都豊島区(育ちはほとんど名古屋)


居住地 愛知県長久手市


家族  妻と娘1人(結婚12年目の43歳のときに生まれた子)


趣味 昔は登山、長久手町の市民農園「たがやっせ」(←私の野外実験室)


主な著書

★「障害者自立支援法下における地域生活支援事業所ガイドブック」
 (共著) (全国地域生活支援ネットワーク)
★「コミュニティビジネスガイドブック」
  (共著) (起業支援ネット)
★「起業物語」?20人の起業家たち・それぞれの選択?
  (共著) (ミネルヴァ書房)
★「循環者ガイドブック」
  (企画編集) (中部リサイクル運動市民の会)
★「ゴミからはじまる未来市民」
  (企画編集) (パラダイムシフト文庫)
★「新業態開発に向けて」?新業態研究会?
  (共著) (名古屋商工会議所)
★「元祖有料ボランティア誕生」
  (企画編集) (市民出版会)
★「ワークショップは宝の山」
  (企画編集) (パラダイムシフト文庫)
★「経営相談便利帳Q&A」?組織活性化戦略・共生戦略?
  (共著) (経営情報出版社)
★「多店舗経営」?多店舗化のための経営計画の策定?
  (共著) (経営情報出版社)


経歴

1984年
筑波大学大学院 環境科学研究科修士課程修了
(財)日本総合研究所 研究員、(株)リンクインターナショナル 経営指導部を経て中小企業診断士として民間企業に対する経営コンサルティング活動に携わる。

現在、(株)ピー・エス・サポートの代表取締役として経営を実践。

1996年より
東海地域にて「エコ見本市」「中部環境塾」「グリーン度診断」「環境アドバイザリーサービス」「静脈産業育成コーディネート事業」を(特)中部リサイクル運動市
民の会と共に企画するなど、環境ビジネス育成の活動を行う。

1997年より
新・創業塾や(特)起業支援ネットの創設メンバーとしてコミュニティービジネスを目指す起業家を発掘・育成し、地域に役立つ継続的な事業の支援を行う。

2006年より
(特)全国地域生活支援ネットワークや(特)ふわりとともに障害者が地域で暮らし、働ける仕組みをつくるため、知的障害者福祉事業所の経営支援を手伝う。

2007年より
経済産業省、環境省、愛知県、豊田市等より、CSR/ソーシャルビジネス/コミュニティビジネス/サステナブルビジネスなど社会的企業の事業事例調査を受託し、企業セクターのソーシャル・シフトに関わる提言を行う。

2011年より
環境省中部地方環境事務所からの委託により、サステナブルビジネスを支援するため、専門家、NPO、企業、金融機関、大学、行政の各セクターによる相互支援ネットワーク「サスプログラム」を立ち上げ、事務局を担う。

◆ 環境、福祉、教育、国際協力、防災、住まい方、働き方など社会サービス業に携わるメンバーと共にSOHOオフィスを名古屋市千種区本山にて運営、「ワークショップ・ラボ」をコンセプトに創造的な学びの場のあり方について探求しています。
社名のピー・エス・サポートは、パラダイム・シフト(世の中の根底をなす価値の転観)をサポートするという理念に由来する。
「地域」や「場」のつながり方を“循環”の視点で再生したい。

◆大学との連携 (非常勤講師)
…名古屋大学大学院 附属持続的共発展教育研究センター「設楽町総合戦略策定に関わる支援業務」
…名古屋大学大学院環境学研究科「研究人材のキャリアデザイン」
…岐阜県立森林文化アカデミー「コミュニティビジネスのマーケティング」
…静岡大学大学院工学研究科・愛知学院大学経営学部「ベンチャービジネス論」
…金城学院大学現代文化学部「環境ビジネス論」


好きに なれる人 「野性人」、「知求人」


好きになれない人 「奴性人」、「仮性人」、「金性人」


好きな映画

仲間にすすめられた「ライフ・イズ・ビューティフル」
戦中、収容所に追いやられるユダヤ人の父と子の物語。弱くも知恵で子を支える父。

学生のときに仲間と見た「ブッシュマン」
主役であったサン族ニカウさんは、新聞報道で「自然死した」とあり感動。


好きな本・影響を受けた本
○「パラダイムブック」
 C+Fコミュニケーションズ・編著 (日本実業出版社)
○「情報文化の学校」
  ?ネットワーク社会のルール・ロール・ツール
 松岡正剛・監修 (NTT出版)
○「和の実学」
  大和信春・著 (博進堂)
○「集団創造化プログラム」
  清水義晴・著 (博進堂)
○「生命知としての場の論理」
 清水博・著 (中公新書)
○「生命論パラダイムの時代」
 日本総合研究所編 (第三文明社)
〇「ローカリズム原論」
 内山節(農文協)
〇「世界史の哲学」 古代篇 中世篇 東洋篇
 大澤真幸(講談社)



最近気になること
ゆらぎ。神話。

最近はまっていること
文化の中の野性、野性の中の文化、そして自分の中の野性。
研究をアートに(知的価値を美的価値に)。


ひとこと


☆☆☆インターン生募集☆☆☆
経営コンサルタント会社は起業ノウハウの宝庫!?

 経営コンサルタント会社のアシスタントとして実務を担当して頂きますので、起業を実践的に学ぶことが可能です。創業社長と接することの多い経営コンサルタント会社は、起業ノウハウの宝庫です。
  当社は、地域循環型社会へのパラダイムシフトを理念に、個別利益の支援を超えた事業コーディネートにより民間公益プロジェクトにも力を多く注いでおります。

 以下の起業志願者を望みます。

企業やNPOの経営を学び、次世代型の事業育成に貢献する志のある方
起業された後もネットワークとして共に支援し合える方
コンピューターをツールとして仕事に活用できる方
興味ある方はinfo@ps-support.jpまでメールを送ってください。

鈴木直也(すずきなおや)

肩書き

◆株式会社ピー・エス・サポート 取締役
◆特定非営利活動法人起業支援ネット 副代表理事


生年月日 1967年(昭和42年)9月13日


出身地 高知県高知市


居住地 愛知県名古屋市名東区


家族 妻がひとり


趣味 携帯電話を持たない生活


経歴

大学を卒業後、経営コンサルタント会社にて、社員教育企画、人事コンサルタント業務に従事。
しかし、健康を害してしまい、療養を余儀なくされる。
快復後、特定非営利活動法人起業支援ネットの理事を務めNPO活動に携わる。
同時に、様々な事業体と提携しながら新規事業の立上げや人事制度構築等のコンサル専門分野はワークショップを活用したコミュニティビジネスの育成支援。
自らをNPP(ニュー・プロフィット・パーソン)と称し、理念的な働き方を実験、模索中。
「支援は人の為ならず」をテーマに、支援がつくる支援づくり、つまり「支援の玉突き」をしてゆくことにより「志縁コミュニティ」の成立を目指している。


好きにになれる人
人の気持ちがわかる人


好きになれない人
マナーの悪い人


好きな映画
未来少年コナン


好きな本・影響を受けた本
武士道(新渡戸稲造)


最近気になること
持続可能な道徳とは


最近はまっていること
プチうつ

加藤啓介 (かとう けいすけ)

肩書き

◆株式会社エスケイワードワード 代表取締役
◆株式会社ピー・エス・サポート 取締役


所有資格
◆中小企業診断士
◆認定プライバシーコンサルタント


生年月日
1958年(昭和33年)4月6日


出身地
愛知県名古屋市瑞穂区


居住地
愛知県名古屋市天白区


家族
妻・子供3人


趣味
読書(歴史書)、音楽鑑賞(JAZZ)


経歴

立教大学社会学部卒

 大学制の頃から、もの書きにあこがれ、東京のプロダクションにコピーライターとして就職。文才の開花は訪れなかったが、ものを見る力と切り口の尖らせ方は今でも財産になっている。子供の誕生を契機に30歳を目前にして名古屋へ帰郷。プランニングオフィス「IMPACT」設立、その後父親の会社を継ぎ現職の株式会社エスケイワード代表取締役に、33歳のときに就任。バブル崩壊と業界不振のダブルパンチのなか、常に新しい視点で業態を変革しつづける(もがきながら)。中小企業診断士の資格取得を機にコンサルタントの仲間入り。現在は個人情報保護・個人セキュリティーが得意分野。経営者としての仕事と、コンサルの両立が現状の課題。今後のテーマは、企業コミュニケーション、中小企業のCSR、BCP。


好きになれる人
●光るものをもっている人
●何かに打ち込んでいる人


好きになれない人
●場の空気が読めない人
●言葉を選べない人


感動した映画
映画館で見れば、画面に入り込めるので何でも好きです。若い頃に見たウディ・アレンの知的で軽妙な世界にあこがれました。邦画では、蒲田行進曲などが好きです。以前、まったく受け入れられなかった寅さんシリーズも、歳と共に味わえるようになってきました。


好きな本・影響を受けた本
主に歴史書、経営書を好みます。特に人物に焦点を当てたもの。他に「逆説の日本史」シリーズ(井沢元彦著)は、推理小説のような面白さがあり愛読しています。


ひとこと
個人のビジョンは、「個が輝く、スローライフ社会」の実現です。

伊藤 真弘(いとう まさひろ)

肩書き

◆株式会社ピー・エス・サポート 監査役
伊藤真弘税理士事務所 所長  
◆有限会社はたやコーポレーション 代表取締役


生年月日
1961年(昭和36年)11月11日


出身地
三重県津市


趣味
うまいビールを飲むこと(人生の重要な目的のひとつでもある)
多趣味


経歴

大学卒業後、金融機関に入社。地元である四日市の支店に勤務し、取立業務を担当。

大学卒業後間もない世間知らずの若造がまったく想像もできなかった世界を見てしまう。

その後転勤し営業業務を担当し、2年半後本社へ転勤。配属部署は社長室(現在は経営企画室)で、担当した職務は全社利益計画の立案や決算業務を中心として官公庁対応等々さまざまななことを行う。

30歳のとき、少し疲れてしまい(体は元気でした)会社を辞める。

税理士になろうと思っていたため会計事務所に勤め始める。

ここでPSサポートの代表取締役村田氏と出会い、32歳のとき税理士試験に合格しすぐ現在の事務所を開く。

事業承継、相続を中心とした自社株対策等に力を入れており、また昔とったなんとやらで利益計画の立案等のコンサルテイングもあわせて行う。

事務所のウリは、サラリーマン経験のある税理士。


コメント

●当事務所のモットー ‘ONE TO ONE’
 いつまでたってもどれだけ忙しくてもこの気持ちだけは変えないでかんばっています。

●私のモットー ‘むつかしいことをかんたんに’
     
●私のテーマ ‘歌って踊れる税理士’