PS support 株式会社ピー・エス・サポート|PSサポートについて|メンバープロフィール|関谷剛一(せきやごういち)

PSサポートは、企業・病院のコンサルティングをはじめとして、ソーシャルビジネス・コミュニティビジネス・サステナブルビジネス・NPOに対するマネジメント支援に実績のある経営コンサルティングファームです。

イベント参加申し込み

Eメールでのお問い合わせ

PSサポートについて

関谷剛一(せきやごういち)

肩書き

◆自分らしい働き方研究所 所長
◆人と組織の活力向上委員会 世話人
◆CBP(コミュニティビジネスプロデュース)研究会 世話人


生年月日 1959年(昭和34年)5月18日


出身地 岐阜県多治見市


居住地 同上


家族 両親 娘一人(中三)


趣味 映画鑑賞と読書


著書 キャリアに関する本を書く予定(時期未定)


経歴 

大学を卒業後金融機関に勤める。渉外中交通事故にあい腰を手術するも、術後経過が悪く営業店に戻れず、事務集中部に廻され窓際族となる。

29歳で退社、家業の運送会社に戻るも、業績不振にて採用と新規事業開発に専心する。貴重品運搬事業等を第二創業し、34歳で社長に就任する。

35歳の時事故で子供に障碍を与えられ、これを機に経営(生き方)のスタイルを変える。地域で互いに支える仕組みを事業で作れないかと、経営資源(信用、資金、経営ノウハウ、人脈)を活かして、問題解決型コミュニティビジネス支援に特化。

46歳で社長を退任、経営の第一線を引いて、キャリアカウンセラーの資格をとり「自分らしい働き方研究所」を立上げ、夢を持てないフリーターやニートと呼ばれる、 元気のない若者向けのキャリア支援 をおこなう。
スキメシ(スキな仕事でメシを食う)ならぬイヤメシ(イヤな仕事でメシを食う)の大切さを説く、日本初のイヤメシコンサルタントになる。

縁あって地元で障害者の就労支援をするNPO法人「Jステーション」を立上げ地域で仕事を探す身体・知的・精神障害者の就職相談にのり、経済と福祉をつなげるコーディネーターとして活躍、障害者就労支援事業のパイオニアとなる。

企業の現場で日々直面する問題を解決する、問題解決型ワークショップのファシリテーターとして、自分で考えて自分で行動できる人材を育成する「人と組織の活力向上委員会」を作り、人材難の企業のニーズに応えている。


好きにになれる人 弱くても生きていこうとしている人


好きになれない人 自分の事しか考えていない人


好きな映画 ニューシネマパラダイス


好きな本・影響を受けた本  12番目の天使(オグマンディーノ)


最近気になること どうすれば自分のコーチングスキルが上達するか


最近はまっていること 日本のミステリーを耽読


メッセージ

「やってナンボ、結果出してナンボ」の企業経営の経験を生かし、 生き急ぐ若者のキャリア支援の現場で、カウンセラーとして悩み、障害者の就労支援の現場で、コーディネーターとして汗をかく。

「共にある事を大切にする社会を作る」を使命に抱き「人の心の有り様を変えて、社会の明日の有り様を変える」を志に掲げ 「人間を信じる、未来を信じる」を信条に、ビジネスプロデューサーとキャリアコンサルタントの二つの領域で、次の時代へのパラダイムシフトを支援していきたいです。